カフェインの製造方法

~~~~天然カフェイン~~~~~~~
天然カフェインはコーヒー豆から抽出します。まずは豆を16階あるタワーの頂上まで持ち上げて、そこから落とします(画像内1番)。

このとき、高圧力の二酸化炭素を用いて落下中の豆からコーヒーの風味を損なうことなくカフェインを取り除き(2番)、水と混ぜます(3番)。

混ざったあと、圧力が下がったところで二酸化炭素を分離し(4番)、カフェイン水はタンクに貯蔵(5番)。だいたいこの時点でカフェインの割合は0.2%ほど。ここから水分を蒸発させてシロップのように濃縮していきます(6番)。

濃縮した液体を回転ドラムに注いで乾燥させると(7番)、最後にフレーク状の粉が残ります。これが純度約95%の天然カフェイン。アメリカで1番大きな天然カフェイン製造会社はMaximus Coffee Groupで、年間約4500万キロの豆からカフェインを製造しています。

~~~~合成カフェイン~~~~
合成カフェインは、アンモニアから生成された窒素を多く含む尿素(画像内1番)から合成しています。尿素をまずはメチルアミンのような薬剤とギ酸へ変化させ(2番)、さらにカフェインのような特性を持つテオフィリンへと変化させます(3番)。最後に、テオフィリンをメチル化させると純粋な合成カフェインが完成します(4番)。

最近ではほとんどのカフェインが中国で生産されていて、合成カフェイン工場の近くを歩くと猫のおしっこのような臭いがするそうです。





コーヒー 一日 5杯飲んでも ぐっすりです

コーヒー豆からのカフェイン抽出(超臨界抽出)

画像

二酸化炭素の臨界について

CO2は常温・常圧では気体である。

この状態では物質を溶かすことはできない。臨界温度以上(31°C)以上の温度で

圧力を高くするとCO2の温度が高くなリ臨界圧力を(7MPa)超えると

SC-CO2(Supercritical carbon dioxide)になる。

SC-CO2は高密度流体状態で(密度200~1000kg/m2)液体に似た性質を持ち

物質を溶かすようになる。


(LINK)https://hibiki-love.hatenablog.com/entry/2018/08/16/120120

【800円OFF(1万円以上購入)8/11(土)12:00?8/15(金)23:59マデ】ALLMAX(オールマックス) カフェイン 200mg 100粒
米国サプリ直販のNatural Harmony
仕事・勉強中にシャキッとしたい方に お馴染みのコーヒーやお茶に含まれる成分で、人気ダイエット製品の主


楽天市場



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック