高血圧について

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
高血圧対策は上の数値140以上、下の数値90以上になれば高血圧
下の数値で高血圧の場合は健常人との差はなく明確な症状は現れない

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(LINK)
血圧の下が高い場合の症状や取るべき生活習慣の改善方法を徹底解説
https://port-medical.jp/media/articles/10
~~~~~~高血圧の対策~~~~~~~~~~~

適度な運動の継続も重要
高血圧の対策方法としては、食生活の改善だけでなく、毎日の運動も重要です。あなたは普段、どれくらいの頻度で運動していますか。運動の習慣がない人は、食事による摂取エネルギーの方が消費エネルギーよりも多くなりがちです。摂取エネルギーが消費エネルギーを上回ると、体脂肪が増えて肥満につながります。肥満は高血圧の原因の1つです。そのため、高血圧対策のためには肥満にならないように定期的に運動をすることが重要なのです。
運動の中でも特に、ゆっくりとした呼吸で行う有酸素運動は、血圧を下げる効果があることが数々の研究により証明されています。
減塩を始めとした食事の見直しが重要
高血圧は「生活習慣病」と言われることからも分かるように、生活習慣が大きく影響しています。そのため、高血圧を改善していくためには生活習慣を見直していくことが重要です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


~~~~蘊蓄~~~~~~~~~~~~~~
下の血圧が高くなる大きな原因は「動脈硬化」
上の血圧と下の血圧の違いが分かったところで、下の血圧が高くなる原因について一緒に見ていきましょう。上の血圧が正常域なのに、下の血圧だけが高くなる大きな理由は、手足の先などにある細い血管が「動脈硬化」によって硬くなるからです。

肌などと同じく、血管も年齢を重ねるごとに老化して弾力を失っていきます。弾力を失った血管の壁は、血流による圧力を柔軟に受け止めて逃がすことが出来ず、傷付きやすくなります。老化に加えて、脂肪分の多い食事などの不適切な生活習慣を長期間続けていると、血液はドロドロになり、流れにくい血液が通う血管はさらに傷付きやすくなります。

血管の壁が傷付くと、傷付いた部分に血液中のコレステロールなどが付きやすくなります。血管の壁にコレステロールなどが付くと、それがきっかけでさまざまな細胞が反応し、徐々に血管の壁が盛り上がっていきます。すると、血管は硬くなり、血液の通り道も狭くなります。これが「動脈硬化」と言われる状態です。
「下の血圧」が生じる心臓の拡張期には、「ふいご機能」によって細い血管に血液が送られます。このとき、動脈硬化によって手先や足先の細い血管が硬くなり弾力性を失っていると、細い血管にかかる圧力を柔軟に逃がすことが出来なくなり、「下の血圧」が上がります。そして、心臓に近い太い血管では動脈硬化が進行しておらず、細い血管だけが硬くなっている場合には、上の血圧が正常域で下の血圧だけ高血圧という状態が起こります。このような状態は60歳くらいまでの人や高血圧になりたての人などに起こりやすいとされています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





・女性ホルモンの「エストロゲン」には、動脈硬化を予防したり血圧を下げたりする働きがある
・閉経が近づくと、エストロゲンの分泌量が低下するため血圧が上がりやすくなる
第一子妊娠中に高血圧や腎機能障害があった場合には更年期に高血圧になりやすくなる



~~~~蜜柑の皮?~~~~~~~~
みかんの外皮、皮を剥いたあとの薄皮(じょうのう)や筋には「ヘスペリジン」というポリフェノールが含まれていて、血管を強くしたり、中性脂肪の分解や血圧の上昇を抑制するいうことが知られています。テレビでは、焼きみかんにして、筋などを食べやすくするなどの方法が紹介されていました。さらに、みかんの皮に良質な食物繊維「ペクチン」が豊富なので便秘解消や腸内環境アップに役立ちます。今まで捨てていた、みかんの皮やかんきつ類の皮がこんなに役立つのです。
水溶性は「ヘスペリジン」の1万倍!
「ヘスペリジン」はフラボノイド骨格を持つポリフェノールの一種で、陳皮の有効成分。柑橘類(特に熟す前の青みかん)の皮や袋、スジなどに多く含まれ、毛細血管の強化作用があることが発見された。「ヘスペリジン」は、「ビタミンP」フラボノイド (flavonoid) とも呼ばれている。
日本人のおもな死因の2つは、心臓疾患と脳血管疾患・血管の健康に役立つ糖転移ヘスペリジン・分散ヘスペレチン
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~ヘスペリジンの生理作用~~~~~~~~~~

様々な薬理作用に関する報告がこれまでになされている。ヘスペリジンはラットにおいて、コレステロール[2]や血圧[3]を低下させる。 マウスを用いた実験で、大用量のヘスペリジンは骨密度の低下を抑制するほか[4]、敗血症に対する保護効果が示されている[5]。

ヘスペリジンは抗炎症作用を示す[6][7]。

また、ヘスペリジンは抗不安作用を示し、これはオピオイド受容体もしくはアデノシン受容体を介して効果を示している可能性が考えられている[8][9]。

アグルコン型の活性についてもIn vitroで研究されており、in vitroモデルで血液脳関門を通過できることが示されている[10]。

その他、毛細血管を強化し[11]、血管透過性を抑える働きや[12][11]、抗アレルギー作用[13][11]、血圧降下作用[11]、血清脂質改善作用[11]、抗酸化作用[11]、発がん抑制作用等を示す[14]。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というわけで

フラボノイドを豊富に含んでいるとされる食品

チョコレート
ココア
緑茶
紅茶 (ほとんどが酸化されてテアルビジン等に変化)
ワイン
ジャバラ
蜂蜜
オレンジ







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック