インフルエンザワクチンは効果がない?

ウイルスやワクチン専門家また医療ジャーナリストが警告しています!
 インフルエンザ・ワクチンは全く効かないし危険である、と。
特に今回の新型インフルエンザ・ワクチンは非常に危険である、と。
しかし、彼らの声は、テレビ・新聞など巨大なマスメディアの中でかき消されています。

厚労省とWHO(世界保健機関)もホームページ上では、はっきりとこう述べています。
「インフルエンザワクチンで、感染の予防はできない。また有効とするデータもない。」
結論は出ているのです。しかし、テレビ・新聞はこのことを前面に押し出さずに、
パンデミックの恐怖とワクチンの必要性を繰り返すばかりで、おかしな話です。

(今回の新型インフルエンザウイルスは、感染力は強いのですが、多くの感染者はかかっても軽症のまま回復しています。また、タミフル等の治療薬も有効です。(厚労省)
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/inful_vaccine_qa.html


結論

世界のワクチン市場の売上は、今では2兆円にも届く勢いです。

中でもインフルエンザワクチンは世界でも一番よく売れる。毎年売れる。

大ヒット商品です!

国内でも毎年2000万本以上製造され、特に今回の 新型インフルエンザワクチンは、
国産2700万人分・輸入5000万人分が用意されます。
そして、輸入ワクチンには国家予算(税金)で1400億円が投入され、
打つ人は病院でもう一回、接種料を払うわけですから、二重払いしていることになります。
毎年のインフルエンザ・シーズンにもなると小さな病院でも数百万円、
大病院では数千万の利益になります。ワクチンは、まぎれもない医療商品なのです。

~~~~ワクチンの仕組み~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ワクチンが有効とされる仕組みです。弱ったウイルスや死んだウイルスをあらかじめ、
打っておく。そうするとそのウイルスに対しての抗体ができる。
後にそのウイルスに感染したときには、以前にできた抗体があるので、
すぐさまウイルスにくっついて、免疫細胞が攻撃しにいくから感染を予防できる、というわけです。
ところがワクチンが有効とされる他のウイルスと違い、
インフルエンザウイルスは速いスピードで小変異を繰り返します。
だから、去年インフルエンザにかかって、
免疫があるはずなのに今年も罹ってしまうことがあるわけです。
インフルエンザウイルスは、ヒトからヒトに感染するたびに小変異を繰り返すのです。
一方、ワクチンをつくるのには約半年、ウイルスの選定から入れると約1年かかります。
その間にもウイルスはどんどん形を変えていくので、
ワクチンの中のウイルスとその時流行しているウイルスは違う形になっているわけです。
そこで違うウイルスのワクチンを打っても効かないわけです。
画像


http://www.thinker-japan.com/dontvaccinated.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

陰謀論(旧帝国軍部隊731)


ここに私たちが全く知らない構図があります。
これは、戦後の日本の医療・製薬業界がどのようにして成り立っているかを
理解するために大変重要な一枚です。

私たちが、普段受け取っている新型インフルエンザなどの感染症対策についてのニュースを
流している大元は、国立感染症研究所です。

次に病気に対する薬やワクチンのすべてを供給している大手製薬会社。

さらには、過去に薬害エイズ・薬害肝炎で多数の被害者を出した悪名高い旧ミドリ十字。

実は、この3つの組織をひとつに結ぶものがあります。それが、細菌戦部隊731部隊です。

731部隊は、日中戦争から太平洋戦争(大東亜戦争)中の
旧日本軍の生物化学兵器戦研究機関の下部組織です。

終戦後、米軍との取引により、731部隊関係者は研究成果を引き渡す事を交換条件に
戦争犯罪に問われることなく、日本の戦後医学界の中枢を構成しました。
そのほとんどが、 厚生省・大学・製薬会社・大病院などの幹部におさまり、
製薬・医療業界を支配し続けてきました。

731部隊の研究者は、戦後に大手製薬会社の幹部であったり、
米軍命令で設立された国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)の所長であったり、
ミドリ十字の設立者になっています。

戦時中の731部隊の活動内容については、いまだにその詳細については明確になっておらず、
議論が交わされるところですが、戦後に彼らの行った数々の人体実験や薬害事件については、
明らかになっています。その中の例をあげると、

1947年・大阪府中刑務所におけるチフス人体実験。

1952年・大腸菌を乳児に飲ませた名古屋市立乳児院事件。一人死亡。

1956年・新潟精神病院ツツガムシ病人体実験。8人死亡。9人重傷。
アメリカに存在しないツツガムシの危険性データを求める米軍命令で実施。

1967年・ミドリ十字・赤痢予防薬の人体実験・陸上自衛隊員を対象。577人が急性食中毒。

1970年代薬害エイズ・薬害肝炎、アメリカの製薬会社(バクスター社・バイエル社など)が
エイズウイルス混入を知りながら輸出、国立感染症研究所が検査、厚労省が認可。
ミドリ十字が販売。薬害エイズ患者629名が死亡。

1993年・大阪大学微生物病研究所のMMRワクチン(はしか、おたふく、風疹三種混合ワクチン)で
幼児2人死亡。

このように彼らは、研究目的のため、ときには米軍とも協力をして、
戦後も「一部の国民」を対象に人体実験を行ってきたことがわかります。

戦後の日本の医療・製薬業界が、このような歴史を持つものであることを私たちは、
しっかりと認識しておく必要があるのではないでしょうか。

ですから、今回のように弱毒性であることが判明している疾病に対して、
充分な臨床試験をしていないワクチンを、「緊急事態」「非常事態」であるとして
接種を急ぐ政策の裏側には、国家がワクチンを「ある特定の国民」を対象に
人体実験として使用している可能性があることが、過去の例からも充分に推測できるわけです。








~~~~~読み飛ばしか~~~~~~~~~~~~~

豚から発生したとされる新型ウイルスですが、その後の情報では、
メキシコでもアメリカでも豚の間では、インフルエンザの感染が起きていないと報告されています。
発生当初は、豚の中でインフルエンザが流行し、そこでウイルスの遺伝子変異が起きて、
それが人に感染したとされていましたから、おかしな話です。豚が感染していないのであれば、
ではどこから発生したのでしょうか?その疑問に答えてくれるのが、次に紹介するニュースです。
これは、新型発生直後の5月にアメリカのテレビ局が報道しました。
ウイルス学者であるエイドリアン・ギブズ博士が「今回の新型インフルエンザウイルスは
遺伝子構造を解析してみると、実験室で作られた可能性が大きい」との科学的見解を伝えています。

ウイルスを人工的に作る?合成する?などは
私たちの常識からするとありえないことのように思えますが
現代ではこのような技術は大変進んでいます。

図にあるのは、左にある二つのインフルエンザウイルスから
新しいインフルエンザウイルスを合成する方法です。 

まず上のウイルスから、HのとげとNのとげの遺伝子2個をとり、
下のウイルスからは、玉の中や外側の膜の部分の性質をきめる遺伝子6個を取り出して、
これをリングの形をしたプラスミドという遺伝子に組み込みます。
次に、この8個の遺伝子をまとめて動物の成長細胞に入れると遺伝子の働きにより、
この動物細胞のタンパク質から新しいインフルエンザウイルスの体が作られるというわけです。

日本でもこの技術は大変進歩おり、東大の河岡義弘教授が
90年前のスペイン風邪ウイルス(H1N1)を合成して復元し、
サルでの感染実験をしています。
先日の9月26日のNHKの科学番組サイエンスZERO「新型インフル最前線」の中で、
同教授は「現在は、どんなインフルエンザウイルスでも作れる」と公言しています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


~~~~~インフルエンザワクチンの特許~~~~~~~~~~
画像

これは、2008年に大手製薬企業のバクスター社がアメリカの特許局に申請したものです。
バクスター社といえば、薬害エイズ事件のときに
エイズウイルスの混入した血液製剤を日本・フランス・スペインなどに輸出した企業ですが、
この会社はすでに去年、この新型ウイルスが発生する前から
このウイルス用のワクチンの製造特許を取得しているのです。
これは、特許申請書類の7ページ目で、通常流行している季節性インフルエンザ(H3N2)の他にも、自然発生しにくいとされる豚H1N1ウイルスワクチンまで特許登録しています。
さらにこの企業は、昨年このような行動の一方で、とんでもない大事件を起こしているのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

詳しくは
THINKER
http://www.thinker-japan.com/dontvaccinatedkouhan.html


~~~~~~~陰謀論(生物兵器)~~~~~~~~~~
1972年のWHO内部書類で、この中には、なんと
「ワクチンの形をした生物兵器の開発の必要性」が書かれてあったのです、、、。
このメモは、ジャーナリストのパトリック・ジョーダン氏によって発見されたものです。

この3ステップのワクチンを使用した人口削減計画をみると、
WHOが世界の人々の健康に寄与するという表の顔の裏側で、
国連の一部組織として、各種ワクチンを用いた
世界的規模の長期的人口統制計画を担ってきた団体であることがわかります。



これを具体的に解釈すると次のようにあてはまります。

1、生まれた赤ちゃんに予防接種をしておき、体内の免疫系をあらかじめ、弱めておく。

2、その後の各種ワクチン、毎年のインフルエンザワクチンなどで
血中にさまざまなウイルスを植え付けておく。

3、今回の新型インフルエンザワクチンのようにスクアレンを含んだ免疫補助剤(アジュバンド)で
接種後に免疫を暴走させる。
WHO内部書類#47メモの他、WHOが72キロ分の鳥インフルエンザウイルスを
偽装ラベルを貼って、バクスター社に郵送していたことなど
数多くの証拠を手にしたオーストリア在住の医療ジャーナリストのジェーン・ブーゲンマイスター女史が、国連・WHO・オバマ米大統領を相手取って、バイオテロ容疑で告訴しました。
またジェーン女史は、弱毒の新型ウイルスが拡散する前に
WHOが、パンデミックの最高レベル6を早期宣言したのも、
2005年の世界保健規則における改定により手に入れた、
レベル6宣言下においてWHOが世界各国にワクチンの強制接種を含む感染症対策を強制する権利を施行する目的のためであったと発言しています。
彼女は、告訴直後に職場を解雇され、
現在は自分のホームページ「THE FLU CASE」を運営し、
この事件の真相を世界に伝える活動をしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック