韓国でガンダムができた(フレームだけ)

韓国の中小企業が造った有人ロボットの動画が、ソーシャルメディアなどで、
本当に完成したのかを巡って議論になっている。

「アバター」などのSF映画に登場しそうな出来栄えに称賛する声も多いが、
メーカーの技術力に対する疑問も少なくない。

ハリウッド映画のコンセプトデザイナーを務めるビタリー・ブルガロフ氏は12月26日、
Facebookで「『韓国未来技術』と共同で、高さ4m、重さ1.5t級の有人ロボット『メソッド-1』を
開発している」として、12月16~24日の間に数回、動画や写真を公開して話題となった。


ブルガロフ氏が公開したロボットは、人間が胴体に乗って操縦する人間形で、
外観は2009年のハリウッドSF映画「アバター」に出てくる戦闘兵器「AMPスーツ」に似ており、
画像
ネットユーザーからは「アバターロボット」と呼ばれている。

北朝鮮と国境を接する韓国は、サムスン製ロボット歩哨を配備している
画像

これにUFOの反重力装置

ミノフスキークラフト
(ハヤテのごとくの三千院家の警備ロボットみたいな)
をつければ
人類抹殺できますね


ガンダムができる時代に来ている

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック