南海トラフ大地震の震源断層掘削開始(やっぱり)

南海トラフ、震源掘削に挑む 海洋研究開発機構部長

 津波被害が懸念される南海トラフ巨大地震の震源断層を地球深部探査船「ちきゅう」で
掘削調査する10年がかりの国際共同プロジェクトが大詰めを迎えている。
海洋研究開発機構地球深部探査センターの江口暢久科学支援部長は
その中心メンバーの一人として10月から半年間、乗船し超難度の掘削に挑む。

 

 東海沖から九州沖に延びる南海トラフ沿いの深海底下では繰り返し大地震が起きており、
近い将来、再び発生する可能性が高い…

原文(LINK)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO33718840S8A800C1TJN000/




東日本大地震の時に注目された人工地震説というものがある



ともち@毎日厄日(´Д` )@tomochi0510

この「ちきゅう」がいるところで地震が発生してるの何回目?4/1の紀伊半島沖?の揺れの時も
震源地に居たよね?いいからトラフ海域掘削しないでよっ!熊本すらいきなりだったけど、
地震は緊急地震速報でかなり役に立ってるし、個人さんのノイズとかのが予測できてるし!
人工的に起こさないでよ!>

返信 リツイート いいね 2016.05.19 01:35


「ちきゅう」関係者の証言=人工地震等を発生させまして、
その地震波を測定するための装置です=自白!?



"「ちきゅう」の乗組員が失言的に、自分たちの行なっている仕事をインタビューの中で堂々と
暴露してしまったとんでもない動画映像もネット上で広く公開され物議をかもしています。
この人は日米合作ちきゅう号の乗組員であり、インタビューの中でこの海中深くまで
ボーリングできる特殊船舶のちきゅうの一般に知られていない使用用途について聞かれていますが、
その質問に対する回答説明の最後に勢いあまってこうまで答えています。

「その他、人工地震等を発生させまして、その地震波を測定するための装置です」"

YOUTUBE(LINK)
2:05~
https://www.youtube.com/watch?v=Ca9jnd5iJr4


自称2062年から来たという未来人
はこう言ってます(暗号)

"DRYQDDPCQ→NIMARUNINI→2022
DVZQUGBYOAC→NANAZEROYON→704
DVZIMN→NANKAI→南海
CIBXSX→TROUGH→トラフ
DRUHKGMHSQ→NIGETEKURE→逃げてくれ"


『2022年7月4日 南海トラフ 逃げてくれ』
原文(LINK)
https://matome.naver.jp/odai/2146390567580130801

あと四年ですねぇ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック