低出力レーザーセラピー(育毛編)

発毛で世界的に認知されている代表例としては、やっぱりプロペシアやフィンペシアなどのフィナステリド効果が有名だけど、実はこの低出力レーザーも、発毛効果に対してスゴく注目されている。

日本ではまだまだ認知度が低い低出力レーザーだが、アメリカFDA米国食品医薬局(日本で言う厚生労働省のような政府機関)や世界8カ国以上でその育毛効果が承認されているというのだ。

また、ISHRS(国際毛髪学会)といって、世界的に権威のある学会でも低出力レーザーの育毛効果が言及されていたりする。

もともと低出力レーザーは人体組織の再生や活性化を図ることで実績が出ていて、炎症を和らげたり、自己治癒力を高めたり活性化させたりする治療効果がある。

現在では、アトピーやアルツハイマー、エイズなどの治療での研究対象にもなっていて、その治療効果が期待されていたりもするようだ。

ちなみに、日本でも、低出力レーザーは1987年に厚労省が製造許可を認可している。


詳しくはココ
https://saikyouikumouzai.com/teishuturyou-laser.html

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック