虫歯に効く乳酸菌~L8020菌~のご紹介

L8020菌
(LINK)
https://zendamakinblog.com/zendamakin/L8020

L8020菌は広島大学歯学総合研究科 二川 浩樹教授によって、健康な子供の口から発見されました。

ヒト由来の乳酸菌ということになりますね。

80歳になっても20本以上の自分の歯を保って欲しいという願いを込めて「L8020菌」と名付けられました。

正式名称は「ラクトバチルス・ラムノーザス・KO3株」です。

L8020菌はヒトの口内に常在している、

虫歯菌
歯周病菌
カンジダ菌

などの悪玉菌・日和見(ひよりみ)菌(人にとってあまり好ましくない菌)の発育の阻止・殺菌効果が期待できます。

その効果の主体が「酸」ではないということなので、L8020菌はなんらかの抗菌物質を産生する菌であるかと思われます。(※菌の作り出し酸によって好ましくない悪玉菌を抑制する作用のある菌もあるのでこういった表現になっているのかと思われます。)

多くのビフィズス菌・乳酸菌などのプロバイオティクスは効果がマイルドであるため、整腸作用などの効果が現れるのは早くともその菌を摂取した翌日~数日後です。

免疫力アップやピロリ菌抑制などの効果に関しては数週間摂取し続けないと効果が発揮されない場合もあります。

一方、L8020菌の場合には実験結果を見てみると、わずか数十秒で効果を発揮してくれるようです。

L8020菌の発酵物に虫歯菌や歯周病が触れれば、数十秒でそれらの抑制作用を発揮してくれます。

また、L8020はヨーグルトなどで生菌の状態で摂取した場合は生きたまま腸に到達することもできる強い生命力をもっています。

生きたまま胃腸に到達したL8020乳酸菌がどのような効果をもたらすか非常に気になるところですね。



その他

ロイテリ菌プロデンティス~~~~~~~~~~~~~

バイオガイア社のロイテリ菌。世界的に多くの実績を持つ。プロテクティス菌に別のロイテリ菌をさらに加え、お口の中での効果を強化した。
便秘予防と解消 / 免疫力強化 / アトピー性皮膚炎の改善 / 腸管バリアシステム強化 / 歯周病予防 / 虫歯予防 / ピロリ菌対策 / 胃腸機能回復・改善

WB21乳酸菌~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

口内にとどまる能力の高い乳酸菌。口臭の改善などが期待できる。


乳酸菌WB2000株~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1962年から使用される歴史ある乳酸菌。整腸作用、口内環境改善の他にも「ドライアイ」にも効果がある。プロバイオティクス。


LS1菌(TI2711菌)~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

歯周病の原因となる菌を抑制してくれる菌。歯周病菌が抑制されれば口臭予防も期待できる。

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック