預金封鎖について

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%90%E9%87%91%E5%B0%81%E9%8E%96
WIKIPEDIAより

政府による預金封鎖
政府において、財政が破綻寸前になった場合、銀行預金などの国民の資産を把握して、資産に対して税金を掛けて政府収入にあてることで、破綻から免れようとすることがある。また市場に出回った通貨の流通量を制限し、インフレーションを金融政策で押さえる方法として実施される場合がある。その際通貨切替をして旧通貨を無効にし、市場通貨を金融機関に回収させる方法がとられることがある。この場合にも預金封鎖が行われる。




日本における預金封鎖
事例
ウィキソースに金融緊急措置令の原文があります。


日本では1944年、日本国債の発行残高が国内総生産の2倍以上に達したために償還が不可能となった[3]。このため預金資産を封鎖凍結して評価し、引き続いて行われた財産税の税率を決定するために行われた。

注釈------------------------
日本の赤字国債は800兆あり
国内総生産は500兆と言われる
https://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/004.pdf
画像

消費税は10%として S ✕ 10% ÷ 100 = 59 兆
S=590兆円が国内総生産(平成30年度一般会計予想額は59兆円)
今年の一般会計が100兆円
40兆円を新規発行国債
800兆の借り換えを80兆円
画像

https://www.mof.go.jp/jgbs/publication/debt_management_report/2018/saimu2018-1-2.pdf
----------------------------

1946年2月17日、第二次世界大戦後のインフレーションの中、幣原内閣において金融緊急措置令および日本銀行券預入令が交付され新円切替が施行されると同時に実施された。この封鎖は封鎖預金と呼ばれ、同8月11日には第一封鎖預金と金額が多い預金に対して第二封鎖預金に分けられた。引き出しが完全にできなくなるのではなく、預金者による出し通貨量の制限の範囲で引き出すことができた。また給与の一部は強制的に預金させられるなど、利用条件が設けられた。

封鎖預金からの新円での引き出し可能な月額は、世帯主で300円、世帯員は1人各100円であった。1946年の国家公務員大卒初任給が540円であり、それを元に現在の貨幣価値に換算すると、世帯主が約12万円、世帯員が1人各4万円まで引き出せる。学校の授業料は旧円での支払いが認められていたが、生活費には新円を使うこととなった[4]。

なお、第二封鎖預金は同10月19日の、金融機関再建整備法および企業再建整備法により、戦時補償特別措置法によて損失を負った民間金融機関等の債務を旧勘定として分離して処理する原資として充当されて消滅した。

2015年2月16日、NHKの報道番組「ニュースウオッチ9」にて「『預金封鎖』もうひとつのねらい」という特集が組まれ、預金封鎖が実施された当時の大蔵大臣である渋沢敬三による「国の負担を、国民に転嫁する意図」について報道された[1]。


「預金封鎖」が日本で本当に起こる可能性と
個人ができる預金封鎖対策をマンガで解説!
https://diamond.jp/articles/-/110576

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック