パルス充電器はフリーエナジーだった?(未確認)

パルス充電器はフリーエナジーだった?(未確認)
https://hibiki-love.hatenablog.com/archive/category/UFO-FreeEnergy
パルス充電器(バッテリーサルフェーたー)の回路図が詳しくのています

本文

フリーエナジーのサルフェーター
The Car Relay Charger.
さらに簡単な課金方法は、http://d1190995.domaincentral.com.au/page6.htmlにある彼の指導ビデオの「Imhotep」にも示されています。ここで、彼は通常の40アンペアのカーリレーを適合させ、「ノーマルオープン」接点から「ノーマルクローズ」接点での動作に変換します。 「常閉」接点を備えた自動車用リレーは容易に入手でき、高価ではないため、これを行う必要はありません。

次に、リレーは、独自の接点を介して電力を供給するように配線されます。これにより、リレーコイルの巻線に電流が流れ、接点が作動して開きます。これにより、リレー自身のコイルを流れる電流が遮断され、接点が再び閉じられ、プロセスが最初からやり直されます。

リレー接点の開閉の繰り返しは、リレーの共振周波数で発生し、これによりブザー音が発生します。実際、ブザーはもともとこの方法で作られ、今日の呼び鈴が使用されるのとほぼ同じ方法で使用されました。

使用される回路はここに示されています:



ご覧のとおり、この非常に単純な回路は、リレーとダイオードの2つのコンポーネントのみを使用しています。 重要な機能は、リレー接点が開いて電流がリレーコイルに流れなくなると、リレーコイルに非常に高い電圧スパイクが発生するという事実です。 リレーを駆動するトランジスタ回路では、スイッチオフ時にこの高電圧を短絡し、過度の高電圧によってトランジスタが破壊されるのを防ぐために、リレーコイルにダイオードが配線されています。 この回路では、リレーの保護は必要ありません。 任意の数のバッテリーを同時に充電できます。





「切り替え」接点を持つことができます。つまり、「常閉」接点を持つため、リレー自体を開いたり変更したりすることなく直接使用できます。

ただし、この回路では、その逆電圧が非常に生産的な方法で使用されています。これらの電圧スパイクは非常に鋭く、非常に短く、電圧の立ち上がりが非常に高速です。これはまさに、ローカル環境からバッテリーへの放射エネルギーの流入を引き起こすために必要なものです。このバッテリー充電電流は駆動バッテリーからではなく、環境から来ています。駆動バッテリーからの小さな電流は、リレーをブザーとして動作させているだけです。

この回路のあるユーザーは、コイルの巻き数が多い非自動車用リレーを使用しているとコメントし、両方のバッテリーが同時に充電されていることを発見しましたが、もちろん、駆動バッテリーは増えています遅いレートで充電します。これは、より効率的なリレーでの電流引き込みが充電速度よりも少なかったためで、ドライブバッテリーでさえ電力を得たためです。

現時点では、充電バッテリーへの放射エネルギーの流れを直接測定できる機器はありません。流入を評価する唯一の信頼できる方法は、既知の負荷を介して充電済みバッテリーを放電するのにかかる時間を確認することです。

バッテリー充電にリレーを使用した私の経験から、回路の駆動に24ボルトを使用するとより良い結果が得られ、車両のリレーにはそれほど多くのコイル巻線がないため、大きなコイルを接続するとかなりの改善が見られますここに示されているように、1つまたは複数のリレーコイルに渡って:



これらのリレー充電システムのいずれかを使用すると、非常に多くのノイズが生成されることがわかります。 これは小さなパディングで非常に簡単に減らすことができ、充電システムが正しく動作していることを示す利点があります。


「Alexkor」バッテリー充電システムは非常に効果的で、安価で、簡単に構築できます。 これは、このWebページの7ページの図22Bで説明されているシステムのバージョンです。



この説明は長年にわたって行われてきましたが、EMF磁界の動作とコイルのパルスの原理に関する議論の一部です。 「Alexkor」は実用的な回路を開発し、非常にうまく機能していると彼は言います。 次に示すように、単一のユニットとして構築できます。


ここでは、コイルに0.7 mmのエナメル銅線を200回巻き付けており、実際の構造はコンパクトです。



そして、パフォーマンスのアイデアを得るために、アレックスはコンデンサを使用して、回路によって生成される電圧スパイクのサイズを確認します。



はんだごてと銅ストリップ付きプロトタイピングボードの商用バージョンの1つで回路を構築するのが非常に難しい場合、次のようなプラグインボードを使用して回路をセットアップできます。



「1」とマークされたバッテリーは回路を動作させるための電力を供給し、「2」とマークされたバッテリーは充電されます。 抵抗はすべて1/4ワットです。 エナメル銅22 swgワイヤの直径は0.711 mmで、コイルを厚紙チューブに簡単に巻くことができます。 直径30 mm(1.25インチ)のチューブでは、約20メートルのワイヤが必要で、重量は約70グラムです。 「UF」は「Ultra Fast」の略であるため、出力ダイオードをUF5408ダイオードにしたいのですが、ワイヤリードが太すぎてこのようなボードに接続できないため、1N5408を使用できます。定格は1000ボルトおよび3アンペア。

これは、このタイプの多くのコイルを駆動するために同じ回路を使用できるため、プロセスの最初のステップです。 プロトタイプのトランジスタのベースに供給する抵抗は約500オームですが、たとえば1Kの可変抵抗と直列に390オームの抵抗を使用すると、各トランジスタ/コイルのペアに適切な標準抵抗値を選択できます。

これは、このタイプの多くのコイルを駆動するために同じ回路を使用できるため、プロセスの最初のステップです。 プロトタイプのトランジスタのベースに供給する抵抗は約500オームですが、たとえば1Kの可変抵抗と直列に390オームの抵抗を使用すると、各トランジスタ/コイルのペアに適切な標準抵抗値を選択できます。



写真からわかるように、アレックスはプリセット抵抗を使用して設定を最適値に調整します。 この回路はシンプルであるため、建設プロジェクトとして非常に魅力的であり、複数のコイルを使用すると印象的な性能が得られます。 アレックスは、ダイオードブリッジではなく、1つ(1000V 10A)のダイオードで最良の結果が得られると言います。これは、上記のWebサイトのティーチングコメントによって裏付けられています。

Alexによるさらなる開発では、BD243Cトランジスタの代わりにIRF510 FETを使用した場合のパフォーマンスが向上しています。 彼はまた、4つの別々のバッテリーを充電するのが非常に効果的であることがわかりました。





これらの回路でさまざまな異なるトランジスタを使用することが可能です。 一部の人々は回路に適した物理的構造を実現するのが難しいため、ストリップボード上のMJ11016高出力高ゲイントランジスタを使用した可能なレイアウトの提案を以下に示します。




Alexkorの自己充電回路。
これは、12V、8アンペア時のバッテリーが放射エネルギーで48V、12アンペア時のバッテリーを、従来の充電器よりも12倍少ない電流で20時間充電できる、特にシンプルな回路です。 回路は、リチウム、NiCad、または鉛蓄電池を充電できます。使用される回路は次のとおりです。




コイルは、直径0.5 mmの2つの別個のワイヤを使用して、わずか2オームの抵抗を与える中空のフォーマーに巻かれています。 ワイヤーの撚り線は、次のように単一のレイヤーに並んで配置されます。



コイルが直径1.25インチまたは32 mmのプラスチックパイプに巻かれている場合、プラスチックパイプの壁の厚さのためにパイプの外側の直径は36 mmであり、各ターンには約118 mmかかります。 ワイヤは200ターン必要です。 スプールから13メートル(14ヤード)のワイヤが測定され、ワイヤが鋭いUターンで折り返されている場合、コイルは密接に並んでしっかりときれいに巻かれます。 パイプの端に小さな穴が開けられているため、折り畳まれたワイヤを2回転で固定できます。200回転は約100 mm(4インチ)の長さで、2つのゆるんだ端は別の端で固定されます。 パイプに小さな穴が開けられています。 開始端を切り離し、各コイルの端を連続性テストを使用して決定します。

アレックスのさらに高度な回路は、高速トランジスタと非常に高速動作のダイオードを使用することでさらに高い性能を発揮し、トランジスタを保護するためにネオンは必要ありません。



この回路で使用されている高速UF5408ダイオードは、現時点ではwww.ebay.co.ukで20パックで送料無料で3.84ポンドで入手できます。

バッテリバンクへのトランジスタドライブは、追加のドライブ用に複製でき、さらに10個のトランジスタを次のように使用できます。



トランジスタを追加するたびに2700 pFのコンデンサを推奨しますが、これは必須項目ではなく、回路はバイファイラコイル駆動部にあるコンデンサだけで正常に動作します。


Alexkorの最近の回路設計では、最も小さな入力を使用しています。 4ミリアンペアからわずか1ミリアンペアまで調整可能な電流でわずか1.5ボルト。 この小さな回路は12ボルトのバッテリーを充電できますが、バッテリーを充電するには1時間あたり10時間かかるため、充電速度はそれほど高くありません。 ただし、わずか1.5ミリワットの入力で12Vバッテリーを充電するのは素晴らしいことです。 回路のコンポーネントはほとんどありません。



コイルは、フェライトまたは空芯で巻かれた小さなバイファイラです。 回路図では、コイル巻線のドットは、2つの隣り合った巻線の開始を示しています。 これにより、1つの巻線の始点が他の巻線の終点と1.5Vバッテリのプラス側に接続されていることが明らかになります。 1ミリアンペアの電流レベルに達するまで、可変抵抗器を省略し、さまざまな固定抵抗器を試すことができます。 接地点は1つだけであり、実際の地面への接続タイプの接続であることを強調する必要があります。 簡単な計算により、バッテリーに充電するためにバッテリーに流れる充電電流がある場合、バッテリーの100%の効率を想像しても、バッテリーの充電は回路を駆動するバッテリーからの電力よりも何倍も大きいことがわかります。 回路は200 MHz〜300 MHzの周波数で動作します。




Howerd Halay’s Battery Charging Techniques
英国のHowerd Halayは、「コンディショニング済み」バッテリーとコンディショニングされていないすべてのバッテリーの大きな違いを強調しています。彼によると、バッテリーやコンデンサを調整するには、「冷たい」電気で繰り返し充電し、再び放電する必要があります。冷たい電気は、高周波AC電気または高電圧のDCのいずれかです。冷たい電気では、電気はワイヤ(Steinmetz)の外側に流れるため、オームの法則が示唆するように、電流は電圧を抵抗で除算したものと等しくありません。代わりに、電流は電圧x抵抗x定数「C」に等しく、実験で決定する必要があります。 DC電圧が80ボルトを超える場合、パルスDCから冷たい電気を取得することもできます。その手法を使用する場合、パルスはよりシャープで高速であるほど良いです。

最初にACまたはDCコンデンサをパルスすると、正常に動作します。約12時間の連続パルスの後、コンデンサの動作に変化が生じます。水コンデンサの場合、片面のみにナノコーティングを形成します。抵抗計で測定すると、抵抗がまったくありません。一方が準超伝導になると言うことができます。通常のコンデンサの場合、動作が異なると信じる理由はありません。また、コンデンサは以前よりもはるかに速く充電され、電源をオフにしても充電が継続されます!はい、あなたはそれを正しく読みました。私の場合、電源をオフにした後、最大3分間パルスを発します。これが危険な理由です。発火は指数関数的に減衰しますが、まだ科学的に集計していません。他の人に任せることにします。

この結果、2つの同一のコンデンサを並べて使用できます。 1つは充電器に接続されているかのように動作し、もう1つのコンデンサは正常に動作します。すべてのコンデンサはある程度まで自己充電しますが、「調整された」コンデンサは独自のものです。私は、10フィート離れた2本のアース棒を通して、調整されたコンデンサでネオンをテストしました。私は30分後に点灯したネオンを見ることをあきらめました!



私はこれらのもので安全にプレイするのが好きなので、私はわずか1.2ワットの出力を持つ非常に低電力の高電圧源を使用しています。 低電源で、バッテリーが悪影響を与えることなく、最大800ボルトのパルスを使用してバッテリーを充電しました。 また、1線式の電気を使用すると、ほとんどの場合電圧が伝達され、最小の電流が供給されるため、安全です。 したがって、冷たい電気を使用してバッテリーまたはコンデンサを調整するには、次のような回路を使用できます。




ここで、調整するバッテリーまたはコンデンサに供給される電圧パルスのサイズは、ネオンのストライク電圧によって制御されます。通常のNE2タイプのネオンランプは約90Vに当たるため、2N6509G SCRはその電圧のパルスをバッテリーまたはコンデンサに供給します。 2つのネオンが直列に接続され、上記の単一のネオンの代わりに使用される場合、電圧パルスは約180Vになります。このタイプの回路は、ここに示すように複数のコンデンサを直列に使用すると、より速く充電し、より速く放電するように見えるため、より適切に動作するようです。最大限のメリットを得るには、デバイスを1日実行したままにする必要があります。私は定期的に1.6 Kwの車のバッテリーバンクを充電し、電源を切った後、バッテリーバンクの電圧が上がります!!

また、5秒間のオン時間と2分間のオフ時間を試しましたが、コンデンサはパルスを発し続けます。ただし、電源がオフのときの発火率は、電源がオンのときよりもはるかに少なくなります。コンデンサをしばらく使用しなかった場合-私の場合は3週間かそこら-もう一度調整プロセスを開始する必要があります。私の場合、それらを再びコンディショニングするのは難しく、数時間ではなく数日かかるようでした。コンデンサは低温です。それらにつながるワイヤとそれらから出るワイヤは冷えていますが、それらからショックを受けた場合、そのショックは熱いです!!

この充電プロセスでは低温の電気を使用するため、この方法で非充電式バッテリーを充電できます。私の場合、3個のバッテリーのうち2個が充電を回復し、奇妙なことに、定格値よりもはるかに高い電圧まで充電します。バッテリーはコンデンサと交換できます。明らかに、調整するバッテリーまたはコンデンサは、ネオンあたり70ボルト以下の電圧で充電できる必要があります。たとえば、96Vバッテリーバンクでは、SCRの両端に2つのネオンが直列に必要です。充電回路。この回路は、入力電源をオフにした後、最大3分間バッテリーを充電し続けます。回路のさらに強力なバージョンは、チョークを使用することにより、冷たい電力を増強します。ネオンはより強く点灯します。ネオンが点滅するか、短絡が発生します。言い換えれば、ネオンが継続的に点灯している場合、それは悪い兆候です。




入力電力と直列に可変抵抗器を使用して、パルスレートを変えることができます。 負の放射エネルギーが供給され、冷電気が生成され、回路の出力セクションのすべてのコンデンサが調整されます。

Be very careful with this circuit as it can kill you. この回路は経験豊富な実験者専用です。 コンデンサが調整されるまで約1日かかります。 この回路は、死んだ自動車のバッテリーを回復させるのに適しています。 バッテリーが調整され、充電回路の入力電源がオフになると、バッテリーは充電を続けます! 調整が完了したら、6ワット、12ボルトの電源、またはソーラーパネルを使用して、4台の車のバッテリーを並行して充電できます。 ただし、この説明は情報提供のみを目的としているため、どのような状況でもこの説明を実際にこの回路を構築することを推奨するものと見なしてはなりません。

「使用されている電圧のいずれかが簡単に処理できるのに、なぜ5つのコンデンサを直列に使用するのか」という質問があります。これは答えがまったく明らかではないため、良い質問です。 答えは、コンデンサの充電方法によるものです。 充電されているコンデンサの両端の電圧は非常に非線形に増加し、一般的に次のように示されます。

赤い線は平均充電率を示し、線が急なほど充電率が速くなります。 コンデンサのサイズに比べて充電電圧が大きいほど、ラインの開始が急になります。 Howerdは、曲線の最初の10パーセントを使用するだけで、この事実を活用しています。 これは、彼の回路図に示されているように、いくつかの高電圧コンデンサを直列に接続することによって行われます。 コンデンサーの組み合わせは非常に速く充電され、容量の10%に達する前にネオンが発火し、コンデンサーの充電が調整中のバッテリー(またはコンデンサー)に送られます。 その電流の強さは、チェーン内のコンデンサーのサイズによって決まります。コンデンサーが大きいほど、バッテリーへのパルスが強くなります。ご覧のように、Howerdはプラスチックフィルムタイプの2.2マイクロファラッドコンデンサーを選択しました。








コイルが直径1.25インチまたは32 mmのプラスチックパイプに巻かれている場合、プラスチックパイプの壁の厚さのためにパイプの外側の直径は36 mmであり、各ターンには約118 mmかかります。 ワイヤは200ターン必要です。 スプールから13メートル(14ヤード)のワイヤが測定され、ワイヤが鋭いUターンで折り返されている場合、コイルは密接に並んでしっかりときれいに巻かれます。 パイプの端に小さな穴が開けられているため、折り畳まれたワイヤを2回転で固定できます。200回転は約100 mm(4インチ)の長さで、2つのゆるんだ端は別の端で固定されます。 パイプに小さな穴が開けられています。 開始端を切り離し、各コイルの端を連続性テストを使用して決定します。

アレックスのさらに高度な回路は、高速トランジスタと非常に高速動作のダイオードを使用することでさらに高い性能を発揮し、トランジスタを保護するためにネオンは必要ありません。







次の回路は今市販されている

サルフェーション除去

バッテリー延命装置

バッテリーパルサー

と呼ばれるものの設計図です





自作バッテリーパルサー
http://www.waraya.jp/luce/palsa/palsar.htm より抜粋


4月20日、電極のサルフェーションは殆んど消えてる。
4月8日に満充電後、充電の電流計が100mAで推移、この内パルサーの消費電流が50mAなので、バッテリーには50mAが流れてる















最終的な定数の配線図です。DIYバルサーと定数はいくらか変わってます。 赤配線は太い線を使います。出力コイルの220μHを100μHにすると、パルス電圧は強くなりますが 消費電流も倍になります。
車体バッテリに付けたまま使うには50mA前後が妥当。 バッテリー充電器で充電しながら使うには、100μHで消費電流100mA強いパルスを加えて使う事も出来る


555タイマー発振動作は、先ず560pFへの充電は、赤線で示したように電源電圧が8.2kと100kと並列に入ったダイオードを通して短時間で行われ、3番はHの状態にある。2番6番の電圧が8V付近になると、7番がONしアースに落ちて3番はLの状態になる、560Pの電圧が今度は青線のようにダイオードが逆方向なので100kを通してゆっくり7番からアースに流れるがまだ3番はLの状態。2&6番がある電圧(最低値)3V付近になると7番はOFFになり3番はHになり、560Pへの充電が始まる。この繰り返しが続く。
この回路の特徴は100kとダイオードを並列に使い、充電時はダイオード経由で短く、放電時は100k経由でゆっくりとして、3番に出る矩形波のデューティー比を大きくしてる。つまり、H時間は短くL時間は長くなる、結果、NチャンネルFETはONが短くOFFが長くなる。
発振周波数やデューティー比は、8.2k100k560PFで調整が出来る。
100kを大きくし560Pも大きくすれば発振周波数が低くなる。 当然消費電流も変化するので、調整は消費電流50から60mAを目処に。



47μFの左端のキャパシターがバッテリー代わりの

フリーエナジーと思われます

バッテリーをつなぐだけで

バッテリーは13Vまでチャージされるのではないかと思われます

(100V60HZいらず)

未確認ですが…



ついでに適正周波数は





バッテリーの再生に必要なのは100k〜100MHzのパルスだった

§鉛蓄電池高周波誘電損加熱破壊再生法(弊社特許第4565362号、特許第5289595号)
http://jsv-univ.co.jp/technologies/battery_refresh.html
特許第4565362号は、塩である硫酸鉛は誘電ダイポール:双極子を持ち、断続特定高周波誘電損断続加熱によって断続的加熱と冷却で熱応力を与え、結晶化硫酸鉛にクラック:割れ目を作り、この割れ目を充電通路として再生充電する。鉛蓄電池高周波誘電損の劣化防止延命効果は1MHzから100MHzの周波数の間で、お互いが擦れ相互作用し、お互いの位置関係を乱す為結晶化は起こらず、硫酸鉛は充電可能なコロイド状態が維持される。

3図に見られる様に、硫酸鉛結晶は硫酸電解液中の充放電過程で幾つかの結晶水を持つので異なる誘電損周波数ピークが1MHzから100MHz帯に存在する。結晶水を含む硫酸鉛の誘電損緩和ピークは、結晶水の数が放電状態や温度によって変わり、バッテリーの状態ごとにピーク周波数が1MHzから100MHzの間に移動分布するので、再生あるいは劣化防止の為には誘電損ピーク周波数を探す必要がある。このピーク周波数で誘電加熱あるいは延命の為のダイポールローテーションを行う必要がある。これらのピーク・探索や加熱等のアイデアは2次電池一般に成り立ち特許第5289595号に特許請求されている。
高周波誘電損加熱破壊による再生はバッテリーの液式、密閉式を問わず100%再生が液密度1.280と定電流放電試験によって確認されている。各社のお試し100%再生実施事例も液式、ジェル式固体バッテリーを問わず数多く有り、例えば4図に裾野市の○○○の研究所依頼の100%再生の○○○確認のデータも有ります。

§高周波誘電損による延命効果
誘電損周波数で駆動される硫酸鉛のダイポールは1MHzから100MHzの駆動周波数でダイポールローテーション(回転)を起こす、前記駆動アジテーション力は微弱な凝集力を遥かに上回り硫酸鉛の結晶化を妨げる。よって延命効果は100%である。
§化学的再生法
化学的再生法は金属溶解剤として知られるEDTAをバッテリー液に添加し、硫酸鉛結晶で覆われた陽極表面を溶かし再生する方法である。筆者の追試実験結果では殆ど再生効果は見られなかった。
§化学的延命法の効果
蓄電池メーカーにおいて延命効果を狙った秘策が行われており、カーボンパウダーを鉛パウダーと共に圧着形成した陽極のアイデア等がある。
市販の延命剤は硫酸鉛の結晶化を妨げる為に、有機ポリマーアクティベーターを加えるものがあり、有機ポリマー分子が凝集力によって結晶化するのを妨げる機械的異物体と解釈される。上記研究者たちの書籍日刊工業新聞社発行「鉛蓄電池」によれば、『内部抵抗はやや高くなりCCA値はやや低くなる。この117ページに劣化電池の再生品を50%の容量に回復させたものは新電池として取り扱って、2-5年保証できることが分かった。163ページ活性化剤の効果はシール電池では困難』と記載されている。その上この書籍の著者の一人である○○○○氏からパルス法を含む再生法についての以下の便りをいただきましたので転載します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント