スカラー波は飛行機を帯電させオレンジ色に輝かせる(日本〜御巣鷹編)



★通貨発行権不正独占世界支配権力の歴史的脅威を直視できる人と直視できない人

世界的危機は1980年より以前の1970年のローマクラブ発言前後に開始されている。
日航機123便を今日の世界的危機NWOに繋がっていると見えない人間の頭は、関係性連関認識能力の不足・未熟を疑うべし。

オレンジ色の自衛隊機の誤射ファイアービー(だけが)が原因ならば、
米国側は〝事故処理対応〟としての動きだけになる。後々の米軍関係者箝口令など必要がない。ところが箝口令はしかれた。



1986年4月8日午後10時、カナダの墜落事故に関する3人のカナダの目撃者がカナダ放送ネットワークのテレビニュースでインタビューを受けました。降下とcrash落の前に飛行機から発せられる炎や煙はありません。しかし、目撃者は、航空機が黄色またはオレンジ色の光輪で神秘的に輝いていると報告しました。

これは、「継続的なEMの出現」モードでのスカラーEM 弾砲の使用の署名です。これは、いくつかのF-111がベトナムで撃墜された方法に似ています。 DC-8の電気システムは、航空機が占める時空の増分ごとに発生するEMエネルギーとEM妨害ノイズによって妨害されました。強力な突撃が航空機の構造と外皮に急速に蓄積されました。目撃者によって見られた「黄色の輝き」は、航空機の皮膚が高い電荷を獲得したためにコロナでした。

エンジンの損失は、おそらく遠方のソビエトのオペレーターがエンジンに局所的な吸熱(エネルギー抽出)ビームを適用したことが原因でした。実際、ある目撃者は、雲の中に交差する光るビームが形成され、その球から光または光線がそのグローから出て航空機に衝突するのを実際に見ました。

機内のプラスチックに瞬間的な火災が発生し、致命的なガスを放出しました。航空機が地面に衝突して爆発する前に、乗員の半分がシアン化物の吸入で死亡しました。襲われた旅客機は、通常の力でfull音が鳴るのではなく、痛みを伴う労働でエンジンが轟音を上げるのを聞いた1人の観測者を直接通り過ぎました。


オレンジでググっても無駄です
中曽根の言うとうり闇に埋めます

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント