警察によって永続化された神経電磁周波数攻撃



米国国家安全保障局に対して提起された訴訟は、個人を監視するために設計された恐ろしい一連のテクノロジーとプログラムを明らかにしています。

ジョン・セント・クレア・アクウェイ

国家安全保障局
Ft George G. Meade、MD、米国
(民事訴訟92-0449)

以下の文書は、メリーランド州フォートジョージGミードの国家安全保障局(民事訴訟92-0449)に対するジョンセントクレアアクウェイによるワシントンDCの米国裁判所で提起された訴訟の証拠であり、NSAの知識を構造、国家安全保障活動の独自技術、および個々の市民を監視するための秘密作戦E

1. NSAのミッションと国内インテリジェンスの運用

    •コミュニケーションインテリジェンス(COMINT)
国家の安全を確保するために、米国および世界のすべての電子通信を包括的にカバーします。メリーランド州フォートミードのNSAは、1960年代初期から世界で最も先進的なコンピューターを所有しており、NSAテクノロジーは民間企業、学界、一般大衆から秘密に開発および実装されています。
    •シグナルインテリジェンス(SICINT)
NSAのシグナルインテリジェンスミッションは、環境内でEMF波をデコードするプログラムに進化し、コンピューターにワイヤレスで接続し、人体の電流を追跡します。シグナルインテリジェンスは、電流が流れる環境内のすべての周囲に磁束があり、EMF波を発するという事実に基づいています。NSA/ DoD [Department of Defense]は、すべてのオブジェクトをリモートで分析できる独自の高度なデジタル機器を開発しました人工または有機、電気的活動があります。
    •ドメスティックインテリジェンス(DOMINT)
NSAにはすべての米国市民に関する記録があります。 NSAは、50,000人を超えるNSAエージェント(HUMINT)のいずれかに関心のある米国市民に関する情報を収集します。これらのエージェントは、大統領命令により誰でもスパイすることを許可されています。 NSAには、恒久的な国家安全保障テロ対策監視ネットワークが整備されています。この監視ネットワークは完全に偽装され、一般からは隠されています。
米国の個人の追跡は、NSAの電子監視ネットワークを使用して簡単かつコスト効率よく実装されます。このネットワーク(DOMINT)は、米国全体をカバーし、数万人のNSAの人員が関与し、数百万人の人を同時に追跡します。運用コストを最小限に抑えるように設計されたNSAコンピューターテクノロジーにより、運用の費用効果の高い実装が保証されます。 NSAの担当者は、コミュニティ内で準公的な地位にあり、追跡事業者や追跡対象の情報コミュニティに情報を提供できる合法的な事業を運営しています。コミュニティのNSA担当者は通常、ソーシャルワーカー、弁護士、事業主などのIDをカバーしています。 。
    •NSA職員を独立して運営することにより、時々監視の対象となる個々の市民
NSAの担当者は、NSAの国内情報ネットワークを使用して米国の数十万人の個人の生活を管理し、ビジネスをカバーできます。彼らが独自に運営する業務は、法律の範囲を超える場合があります。 NSAの工作員による何万人もの無意識の市民の長期的な制御と妨害が起こりそうです。NSADOMINTは、米国市民を密かに暗殺するか、秘密の心理的制御操作を実行して、被験者を精神障害と診断する能力を持っています。

上記の症状は、膨大な数の配列の一部を強調しています
警察によって永続化された神経電磁周波数攻撃
軍事情報機関
リモートマインドコントロール実験、行動操作と殺人。
 
 
2. NSA’S DOMESTIC ELECTRONIC SURVEILLANCE NETWORK
1960年代初頭の時点で、世界で最も先進的なコンピューターはNSAのFt Meadeにありました。これらのコンピューターでの研究のブレークスルーは、NSAで維持されました。

現在、NSAには現在のコンピューターテクノロジーより15年先のナノテクノロジーコンピューターがあります。 NSAは、人工知能を使用して、NSAエージェント/暗号学者の注意を引くべきキーワードについて、媒体に関係なくすべての通信を選別する高度なコンピューターを使用して、米国の包括的な情報を取得します。

これらのコンピューターは、送信側と受信側のすべての通信を監視します。

米国のこの包括的なカバーは、NSAのシグナルインテリジェンス(SIGINT)ミッションの結果です。 NSAの電子監視ネットワークは、EMF(電磁周波数)スペクトル全体を監視できるデバイスのセルラー配置に基づいています。

この装置は、他の電子戦プログラムと同じ方法で開発され、実装され、秘密にされました。

    •シグナルインテリジェンスリモートコンピューターの改ざん
NSAは、米国で販売されているすべてのPCおよびその他のコンピューターを追跡します。これは、ドメスティックインテリジェンスネットワークの不可欠な部分です。 NSAのEMF機器は、PC回路基板からのRF(リモート周波数)放射を調整できます(モニターおよび電源からの放射を除去します)。PC回路基板からのRF放射には、PCのデジタル情報が含まれます。 NSAの機器からのコード化されたRF波は、PC回路に共鳴し、PC内のデータを変更する可能性があります。したがって、NSAは、監視または反テロリストの電子戦のために、国内の任意のコンピューターにワイヤレスモデムスタイルのエントリを取得できます。
    •監視のための人間のEMFフィールドの検出
被験者の生体電場をリモートで検出できるため、被験者はどこにいても監視できます。特殊なEMF装置を使用すると、NSA暗号学者は(EEGから)誘発電位をリモートで読み取ることができます。これらは、人の脳の状態と思考にデコードできます。被写体は遠くから完全に監視されます。 NSAの担当者は、Signals Intelligence EMFスキャンネットワークで国内の任意の個人にダイヤルアップでき、NSAのコンピューターはその人を24時間特定して追跡します。NSAは米国内の誰でも選択して追跡できます。

3. NSA SIGNALS INTELLIGENCE USE OF EMF BRAIN STIMULATION

NSA Signals Intelligenceは、EMF Brain Stimulationを使用して、リモートニューラルモニタリング(RNM)とElectronic Brain Link(EBL)を使用します。
EMF Brain Stimulationは、1950年代初期のMKULTRAプログラムから開発されてきました。これには、放射線(非電離EMF)および生体電気の研究開発に関する神経学的研究が含まれます。
結果として得られる秘密技術は、国家安全保障アーカイブで「放射線インテリジェンス」として分類され、
「放射能や核爆発を含まない、環境内の意図しない電磁波からの情報」。
シグナルインテリジェンスは、米国政府の他の電子戦プログラムと同じ方法で、このテクノロジーを実装し、秘密にしました。
NSAは、この技術に関する利用可能な情報を監視し、一般からの科学研究を控えています。この技術を秘密に保つための国際的な情報協定もあります。
NSAには、人間の電気的活動を遠くから分析する独自の電子機器があります。 NSAコンピューター生成脳マッピングは、脳内のすべての電気的活動を継続的に継続的に監視できます。 NSAは、国家安全保障の目的で(数十万人の)個々の脳マップを記録およびデコードします。 EMF Brain Stimulationは、軍隊が脳とコンピューターのリンクに密かに使用しています(たとえば、軍用戦闘機など)。
電子監視の目的で、脳の音声中枢での電気的活動は、被験者の言葉の思考に変換できます。 RNMはエンコードされた信号を脳の聴覚皮質に送信できるため、音声通信が脳に直接届く(耳をバイパスする)ことができます。 NSAの工作員は、これをひそかに使用して、偏執性統合失調症に特徴的な幻聴をシミュレートすることにより、被験者を衰弱させます。
リモートニューラルモニタリングは、被験者と接触することなく、被験者の脳の視覚皮質から電気的活動をマッピングし、被験者の脳からの画像をビデオモニターに表示できます。 NSAの工作員は監視対象の目が見ているものを見る。視覚記憶も見ることができます。 RNMは、目と視神経をバイパスして、視覚野に画像を直接送信できます。
NSAの工作員は、これを密かに使用して、脳プログラミングの目的でレム睡眠中に監視対象の脳に画像を入れることができます。
    •RNMを使用したNSA運用の機能
1940年代以来、米国にはシグナルインテリジェンスネットワークがあります。
      NSAのFt Meadeは、被験者を追跡し、脳内の視聴覚情報を非侵襲的に監視するために使用される広大な双方向ワイヤレスRNMシステムを導入しています。これはすべて、被験者と物理的に接触することなく行われます。 RNMは、監視と国内情報の究極の方法です。スピーチ、3Dサウンド、およびサブリミナルオーディオを被験者の脳の聴覚皮質に送信し(耳をバイパス)、画像を視覚皮質に送信できます。 RNMは、被験者の認識、気分、および運動制御を変更できます。
      音声皮質/聴覚皮質リンクは、インテリジェンスコミュニティの究極の通信システムになっています。 RNMは、完全な視聴覚の脳と脳のリンクまたは脳とコンピューターのリンクを可能にします。

上記は、Nuero電磁周波数攻撃の簡単なフローチャートです
警察および軍事情報機関によって永続化できる方法を示す
リモートマインドコントロール実験、行動操作と殺人に向けて。
4. NATIONAL SECURITY AGENCY SIGNALS INTELLIGENCE ELECTRONIC BRAIN LINK TECHNOLOGY
NSA SIGINTは、人の生体電界をリモートで検出、識別、監視できます。
NSAのシグナルインテリジェンスには、脳からの30〜50 Hz、5ミリワットの電磁放射の誘発電位をデジタルでデコードすることにより、人間の脳の情報を非侵襲的に遠隔監視する独自の機能があります。
脳内の神経活動は、磁束が変化する電気パターンを変化させます。この磁束は、一定の30-50 Hz、5ミリワットの電磁(EMF)波を出します。
脳からの電磁放射には、「誘発電位」と呼ばれるスパイクとパターンが含まれています。脳内のすべての思考、反応、運動指令、聴覚事象、視覚画像には、対応する「誘発電位」または「誘発電位」のセットがあります。脳からのEMF放射は、被験者の脳内の現在の思考、画像、および音にデコードできます。
NSA SIGINTは、情報(および神経系メッセージ)をintelligence報機関に送信し、秘密作戦の被験者の脳に(知覚できないレベルで)送信する通信システムとして、EMFで送信された脳刺激を使用します。
EMF Brain Stimulationは、複雑にコード化されパルス化された電磁信号を送信して脳内の誘発電位(イベント)をトリガーし、脳の神経回路に音と視覚画像を形成することで機能します。 EMF脳刺激は、人の脳の状態を変化させ、運動制御に影響を与える可能性もあります。
双方向の電子Brain Linkは、聴覚野に音を送信し(耳をバイパス)、視覚野にかすかな画像を送信しながら(視神経と眼をバイパスして)神経の視聴覚情報をリモートで監視することによって行われます。画像は、脳内でフローティング2Dスクリーンとして表示されます。
双方向電子Brain Linkは、CIA / NSA担当者にとって究極の通信システムになりました。リモートニューラルモニタリング(RNM、人間の脳の生体電気情報をリモートモニタリング)は、究極の監視システムになりました。
US Intelligence Communityの限られた数のエージェントが使用しています。

上記は、Nuero電磁周波数攻撃の簡単なフローチャートです
警察および軍事Intelligence報機関が永続化できる方法を示す
リモートマインドコントロール実験、行動操作と殺人。
5. [元の文書に見出しはありません]

RNMでは、特定の各脳領域の共振周波数をデコードする必要があります。
その周波数は、その特定の脳領域に情報を課すために変調されます。さまざまな脳領域が応答する周波数は、3 Hzから50 Hzまでさまざまです。 NSA Signals Intelligenceのみがこの周波数帯域の信号を変調します。 (以下の表1を参照)
この変調された情報は、サブリミナルから知覚可能な強度までさまざまな強度で脳に入力できます。各人の脳には、固有の生体電気共鳴/同調周波数のセットがあります。他の人の聴覚皮質の頻度で人の脳に音声情報を送信すると、その音声情報が知覚されなくなります。
原告は、NSA、Ft MeadeのKinnecomeグループと双方向のRNM連絡をとることにより、RNMを知った。
彼らは、RNM 3Dサウンドを脳に直接使用して、1990年10月から1991年5月まで原告に嫌がらせをしました。
91年5月の時点で、彼らは原告と双方向のRNM通信を行い、RNMを使用して原告を無力化し、原告が過去12年間に原告に対する活動について当局に行くことを妨げようとした。 Kinnecomeグループには、Ft Meadeで1日24時間働いている約100人の従業員がいます。
彼らはまた、原告を隔離するために原告が接触している脳を盗んだ人たちもいる。
個人がRNMで嫌がらせを受け、このed報活動方法を悪用したNSA職員に対して訴訟を起こすことができたのはこれが初めてです。

6. NSA TECHNIQUES AND RESOURCES
あらゆる場所、建物内、継続的、全国のあらゆる場所にいる個人のリモート監視/追跡。
これらの操作を安価に実装するためのシステムにより、すべてのコミュニティの何千人もの人々がNSAによって絶えず監視されることが可能になります。
    •リモートRNMデバイス
NSAのRNM機器は、個人を追跡するために人間の脳の誘発電位(EEG)をリモートで読み取り、神経系を介してメッセージを送信してパフォーマンスに影響を与えることができます。 RNMは個人を電子的に識別し、米国のどこでも追跡できます。
      この機器はネットワーク上にあり、国内のintelligence報活動、政府のセキュリティ、軍事基地のセキュリティ、および生物電気戦の場合に使用されます。
      
    •首都圏のスポッターとウォークバイ
NSAの職員によって秘密管理が確認された被験者を追跡し、チェックする(時には無意識のうちに)スポッターおよび近隣/ビジネススパイとして働く各エリアの何万人もの人々。
      外出中のエージェントは、公共の場でNSAの何千もの主題を追跡しているスポッターと絶えず通信することができます。リモートオフィスのNSAエージェントは、監視対象と接触している、公共で発見された個人を(RNMを使用して)即座に識別できます。
      
    •隠されたNSAが設置され、維持されているプラ​​スチック配管ラインを備えた住宅への化学物質と薬物。
NSAには、薬物(睡眠ガスや洗脳補助薬など)を送達するために、被験者の住居の水道水と空気ダクトにラインを走らせるためのキットがあります。
      これは、CIAの薬理心理学(精神薬理学)の結果です。
      
    •言及されている独自の米国情報機関/テロ対策機器の概要
人間の脳の脳波を読み取り、デジタルコンピューターを使用して個人を識別/追跡できる特別なEMF機器の固定ネットワーク。 NSA Signals IntelligenceからのEMF信号を介したESB(脳への電気刺激)は、被験者を制御するために使用されます。
      RF放射を解読することによりPC回路基板から情報を収集し、それによって国内の任意のパーソナルコンピューターにワイヤレスモデムスタイルのエントリを取得するEMF機器。隠されたすべての機器、すべての技術の秘密、すべての科学研究は報告されていません(電子戦の研究のように)。
      一般にはまったく知られていませんが、1980年代初頭から、この家庭内intelligence報の方法の完全かつ完全な実装が行われています。
編集者注:
私はアクウェイ氏に電話して、彼の訴訟の結果があればそれを調べました。彼はしっかりとしかし親切に電話でケースに関係することについて話すことができないと私に言って、電話を切った。その後の同様の長さの会話の結果、彼の住所や電話番号がこの記事で公開されることを望まないという情報が得られました。
そのため、何か開発があった場合はお知らせします。

上記の記事から明らかなように、米国国家安全保障局は密かに運営されているテロ組織に他ならない。
毎日何百万人もの無実の人々の心を監視し、操作するために使用される彼らの非常に洗練された技術は、いわゆる民主主義社会のファサードの背後に存在する支配的で権威主義的な精神の露骨な表現です。
ジョージオーウェルの「THOUGHT POLICE」は、今日の世界では絶対的な現実です。
私たちがそれを実現するかどうかにかかわらず、私たちの社会内のすべての個人はこの独裁の態度によって悪影響を受けます。
それは変化しなければなりません–それは変化します–それはあなたから始まります!
ジョージ・ファーカー
RESOURCES
These publications have only been discovered since December 1991, after Plaintiff had already notified authorities (Dept of Justice, etc.) of Public Corruption by namedNSA employees.
When no action was taken against the NSA employees, I researched the Intelligence Community electronic surveillance technology involved and discovered the following publications.
• The Body Electric: Electromagnetism and the Foundation of Life, by Robert Becker, M.D. Monitoring neuroelectric information in the brain ESB. (p. 265,313,318)
• Cross currents, by Robert Becker. Simulating auditory hallucinations. Remote computer tampering using RF emissions from the logic board. (p. 70,78,105,174,210,216,220,242,299,303)
• Currents of Death, by Paul Brodeur. Driving brain electrical activity with external EM; magnetophosphenes; Delgado. (p. 27,93)
• The Zapping of America, by Paul Brodeur. DoD EM ESB research; simulating auditory hallucinations.
• Of Mice, Men and Molecules, by John H. Heller 1963 Bioelectricity; probing the brain with EM waves. (p, 110)
• The Three-Pound Universe, by Judith Hooper. CIA EEG research; EEGs for surveillance. (p.29,132,137)
• In the Palaces of Memory, by George Johnson. EM emissions from the brain; the brain as an open electromagnetic circuit.
• The Puzzle Palace, by James Bamford. Signals Intelligence; most advanced computers in the early ‘sixties.
• The US Intelligence Community. Glossary terms at National Security Archives; Radiation Intelligence (information from unintentionally emanated electromagnetic energy, excluding radioactive sources).
• The Search for the “Manchurian Candidate“, by John Marks. Electrical or radio stimulation to the brain; CIA R&D in bioelectrics. (p.227)
• Secret Agenda, by Jim Hougan. National security cult groups.
• Crimes of the Intelligence Community, by Morton Halperin. Surreptitious entries; intelligence agents running operations against government workers.
• War in the Age of Intelligent Machines, NSA computer supremacy, complete control of information.
• Alternate Computers, by Time-Life Books. Molecule computers.
• The Mind, by Richard Restak, M.D. EEG Systems inc.; decoding brain EM emanations, tracking thoughts on a computer. (p. 258)
• MedTech, by Lawrence Galton. Triggering events in the brain, direct to auditory cortex signals.
• Cyborg, by D.S. Halacy, Jr, 1965. Brain-to-computer link research contracts given out by the US government.
• Psychiatry and the CIA: Victims of Mind Control, by Harvey M. Weinstein M.D. Dr. Cameron; psychic driving; ultraconceptual communications.
• Journey Into Madness: The True Story of Secret CIA Mind Control and Medical Abuse, by Gordon Thomas, Intelligence R&D; Delgado; psychic driving with radio telemetry. (p. 127,276,116,168,169)
• Mind Manipulators, by Alan Scheflin and Edward M. Opton. MKULTRA brain research for information-gathering.
• The Brain Changers, by Maya Pines. Listening to brain EM emissions. (p.19)
• Modern Bioelectricity. Inducing audio in the brain with EM waves; DoD cover-up; EM wave ESB; remote EEGs
• Magnetic Stimulation in Clinical Neurophysiology, by Sudhansu Chokroverty. Magnetophosphenes; images direct to the visual cortex.
• The Mind of Man, by Nigel Calder. US intelligence brain research.
• Neuroelectric Society Conference, 1971. Audio direct to the brain with EM waves; 2-way remote EEGs.
• Brain Control, by Elliot S. Valenstein. ESB., control of individuals.
• Towards Century 21, by C.S. Wallia. Brain Stimulation for direct-to-brain communications (p21)
• Mind Wars, by Ron McRae (associate of Jack Anderson). Research into brain-to-brain electronic communications., remote neural EM detection (PP. 62 106, 136).
• Mind Tools, by Rudy Rucker. Brain tapping; communications with varying biomagnetic fields (p82).
• US News and World report, January 2nd 1984. EM wave brain stimulation; intelligence community hi-tech (p38).
• Ear Magazine. Article on extremely low frequencies radio emissions in the natural environment; radio emissions from the human body.
• City Paper, Washington DC January 17, 1992. Article FCC and NSA “complete radio spectrum” listening posts.
• Frontiers in Science, by Edward Hutchings Jr 1958 (p48).
• Beyond Bio Feedback, by Elmer and Alyce Green, 1977 (p118)
• The Body Quantum, by Fred Alan Wolf
• Cloning; A Biologist Reports, by Robert Gillmore McKinnell. Ethical review of cloning humans.
• Hoovers’ FBI, by Former agent William Turner. Routines of electronic surveillance work. (p280).
• July 20th 2019, by Arthur C. Clarke LIDA; Neurophonics; Brain-computer link.
• MegaBrain, by Michael Hutchison. Brain stimulation with EM waves; CIA research and information control. (pp.107,108,117,120,123).
• The Cult of Information, by Theodore Rosnak, 1986. NSA Directive #145; personal files in computers; computer automated telephone tapping.
• The Body Shop, 1986 implantation of an electrode array on the visual cortex for video direct to the brain; other 1960’s research into electronically triggering Phosphenes in the brain, thus bypassing the eyes.
• Evoked Potentials, by David Regan. Decoding neuroelectric information in the brain.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
See article here: http://www.bibliotecapleyades.net/scalar_tech/esp_scalartech12.htm
TFD recommends that you read other pertinent articles at: http://www.bibliotecapleyades.net/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント