プラズマクラスターは新型コロナウイルスに効果ある?

プラズマクラスター(英: plasmacluster)は、家電メーカーシャープが開発した、プラズマ放電により活性酸素を発生させ、+()と-()のプラズマクラスターイオンを作り、空気中に放出するプラズマクラスター技術[1]を総称するものであり、また、シャープによる造語である。この呼称は、シャープにより日本において商標登録されている[2]。


有効とする研究報告など

同社は、東京大学、広島大学、大阪市立大学、ハーバード大学、ソウル大学など国内外の複数機関で研究を行い効果を実証しているとしている[5]。新型H1N1インフルエンザウイルスに対しても2時間の照射で99.9%抑制するなどの効果を検証している[6]。

シャープはまた、財団法人パブリックヘルスリサーチセンターが東京大学大学院医学系研究科大橋靖雄教授監修で行った二重盲検法による試験で、インフルエンザウイルス感染率を約30%低減できたことを確認したと発表している[7][8]。

シャープはさらに、東京大学医学部附属病院臨床研究支援センターに委託し、大橋靖雄教授監修により実施した臨床研究において、プラズマクラスターイオン技術が、小児アトピー型ぜんそくの気道炎症レベルを低減することが証明されたと発表している。[9]。

懐疑的な研究報告など

前述のインフルエンザウイルス感染率試験については、イオン有り群とイオン無し群の間でインフルエンザの発症件数に統計学的な有意差がなかったことから、プラズマクラスターイオンの効果が確認できなかったと解釈する意見もある[10]。また、空気中のインフルエンザウイルスの減少は集塵フィルターの効果であったとする報告もある[11]。

「感染症学雑誌 Vol.86 (2012) No.6」に掲載された論文「殺菌性能を有する空中浮遊物質の放出を謳う各種電気製品の、寒天平板培地上の細菌に対する殺菌能の本体についての解析」[12]によると、プラズマクラスターやナノイー(パナソニック)には極めて狭い空間で濃度を高めた場合には一定の殺菌効果が認められた。しかし、殺菌効果を持つのはプラズマクラスターやナノイーと同時に発生するオゾンであり、プラズマクラスターやナノイーの粒子そのものではないとしている[13]。

グローブボックス内で黄色ブドウ球菌、緑膿菌、セレウス菌、腸球菌に対して使用した試験では、殺菌効果の有効性が確認できなかった[4]とする研究がある。

効果と効用

シャープは、プラズマクラスターイオンに以下の効果があると主張している。

布に染み込ませたタバコの臭いを脱臭
浮遊しているダニの糞や死骸等のタンパク質を切断して除去、アレルゲンの作用を低減
空気中のウイルスを除去し、浮遊ウイルスの作用を抑える
細菌の細胞膜のタンパク質を断片化して不活化
浮遊しているカビの細胞膜のタンパク質を切断して分解除去
イオン濃度25000個/cm2の場合、肌の水分量の増加
機能搭載エアコンの場合、内部のカビを除菌
]
新型コロナウイルスに効果ある? 車内用イオン発生器は有効か
https://news.yahoo.co.jp/articles/ccc47cc58ab08583f40d60f4fa533f45ec097ac9
代表的な例としては、公共交通機関が挙げられます。空港リムジンバスや大阪メトロは、今回の新型コロナウイルスへの対策の一環として、プラスマクラスター搭載車の運行を実施しており、その意図について、バスを運行する東京空港交通の広報担当に聞いてみました。 「弊社は数年前からプラスマクラスターを搭載したバスを運行していますが、元々はトイレの臭い対策に導入いたしました。  それが一定の効果があるということが分かりましたので、客室にも導入しています。今回の発表の文言に多少の語弊はあったと思いますが、プラズマクラスターのウイルス抑制効果をアピールする狙いではなく、あくまでも車内の空気清浄化を目的にするという点で、プラズマクラスター付き車両を対策の一環として発表した次第です」
シャープ プラズマクラスターイオン発生機用のアタッチメント★1個【SHARP 2811100262】※本体は車のエアコンのルーバーに取り付けるための部品です【純正品・新品】【60】 - でん吉
シャープ プラズマクラスターイオン発生機用のアタッチメント★1個【SHARP 2811100262】※本体は車のエアコンのルーバーに取り付けるための部品です【純正品・新品】【60】 - でん吉

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント