考盗聴被害と警察への被害届について


思考盗聴被害と警察への被害届について
https://sikoutoutyou.com/police-1851.html
思考盗聴被害を受けている方からの依頼が寄せられる思考盗聴対策センターです。思考盗聴被害だけではありませんが、何らかの被害を受けても、また損害を受ける可能性があっても、警察が関与しない事は世の中にはたくさんあります。

警察をはじめとする役所など税金で動いている機関は個人のためにあるわけではなく、法律や条例などに基づいた取り締まりや勧告などをおこないますが、法の隙間を付いて行われる嫌がらせは世の中には山ほどあります。

証拠などがすべてそろえば被害届が受理されますが、
思考盗聴や音声送信被害の場合はハードルが高すぎるのが現状です。
思考盗聴 解決手段 解決方法
思考盗聴被害者の警察への不満【思考盗聴・脳内盗聴】

思考盗聴被害者の依頼の中でも最も多いのが警察に対するものです。しかし、これは要件が整わないと警察が動けないことは理解してください。

警察官も人間ですから考え方や受け止め方に個人差があります。

これを是正することは不可能です。

警察を恨んでも始まりません。

何もしてくれないからといって、警察を責めるのはやめましょう。

時間の無駄ですから、証拠収集を行うことの方が価値ある時間です。


違った解決方法を

個人個人が

見つける必要があります。

また、警察をだけではなく、
タダで人を動かすことも考えるべきではありません。
情報を悪用される被害も少なくないのです。

周囲の人に相談することは悪いことではありませんが、相手によっては嫌な思いをすることもあります。

気付いたら家族と疎遠になっていた
友人と連絡が取れなくなった
親友がいなくなった
職場で浮いている
相談したらオカシイ人だと思われた
精神科の受診をすすめられた

自分の事として真剣に向き合うことをおすすめします。
思考盗聴対策センターと依頼について【有料相談のみの理由】

思考盗聴対策センターは、ご依頼者様からの依頼によって費用を頂いてヒアリングでお話を伺い、調査などの依頼を受けています。

無料相談で情報提供させる、ノウハウを伝える、時間を使うなどはいっさいしておりません。悪意有る人物への情報提供も一切ないという安心は、クライアントを守る最低限のルールです。

クライアントと依頼をされない方への接し方は違って当然です。

ご依頼者様には、現状が把握できたときに対策方法などをお伝えしています。ヒアリングや調査で費用をかけて現状把握をしています。個人によって対策方法や対処の仕方は違います。すべてを依頼するとかなりの金額になりますので、クライアント自身でできることはしていただけるようにお伝えしています。

思考盗聴対策センターは、クライアントのみにお時間を使っていますので、安心してお問い合わせください。


注 ボイストゥスカルなどの電磁波被害はgoogleで検索できません
エレクトロニック・ハラスメントと名前を変えているようです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント